教員メッセージ

技術の修得はもちろん、
人と関わる中で
思いやりを育みます。

歯科衛生士学科 3学年主任
保坂 知美

思いやりの気持ちを育む
歯科衛生士にとって一番大切なものは何だと思いますか?もちろん、歯科医療についての知識があることは大前提。さまざまな機械や器具を使いこなす技術も必要なものです。でも、患者様と接するうえで大切なのは、コミュニケーション能力。本学科では、人との関わりの中で思いやりの気持ちを育んでいきます。
学生の細かな変化に気づく目
学生の顔の表情には、たくさんの情報が入っていると思います。授業や実習の時には、一人ひとりの顔の表情を注意して見るように心がけています。生き生きしているなとか、今日は元気がないなとか、顔を見ていれば分かるんですね。あとはヘアスタイルなど、細かなことに気づいて声をかけるようにしています。